内視鏡看護師トップページ > 内視鏡看護師の役割・仕事

内視鏡看護師の役割・仕事

内視鏡室で働く看護師は、絶えず正確で安全な検査を迅速に行う事を役割としています。その為に検査自体への精通度・熟練度を培う様に努力するとともに、医師へのサポートをスムーズに行うために、意思の疎通を心がける必要があります。また使用する精密機械や器具の準備を徹底し、検査中・検査直後の患者さんの体の状態をチェックしていく事も要求されます。もちろん検査後の機械・器具の洗浄を始め、日頃から内視鏡室内の衛生管理を担当するのは言うまでもないでしょう。

内視鏡室では最先端のデジタル技術を利用するために、その専門知識を学ぶ努力を怠る事が出来ません。そして必要とされるスキルを身に付けて、てきぱきと仕事を行う手際の良さを心がけます。このスピード感をもった仕事振りは高い評価を得る事でしょう。その理由は、より多くの検査をよどみなく進める事で、他の部署の治療が速やかに進行する事になるからです。とはいえ、他のポジションと比べれば穏やかな職場環境にあります。基本的に急患への対応はほとんどありませんし、検査方法は細かくマニュアル化されていて、臨機応変さを強く要求される事も少ないのです。そのために精神的・体力的な負担は、比較的に少ないと言えるかもしれません。つまり個人の学習の時間やスキルアップの時間が得やすいというメリットがあるのです。

ただし、病院によっては業務マニュアルが異なりますので、職場のやり方に対応できる様に柔軟な姿勢を取ると良いでしょう。内視鏡検査を行う医師はそれぞれに独自の特殊技術を持っていますし、使用する高性能検査機の操作方法にもノウハウがあるものです。まずはそのマニュアルを理解し身に着ける努力が必要になります。たとえ他の現場で経験を積んできたとしても、『郷に入っては郷に従え』の精神で臨みましょう。検査の手順や機械・器具の操作を始め、洗浄・消毒の方法も丁寧に教えてもらう謙虚さがあれば、現場での活躍が早まると期待できるのです。単純な作業でも気を遣って取り組むならば、それだけで良い評価が得られるでしょう。

内視鏡検査を行う患者さんは、前もって禁酒をしたり下剤を飲んで検査に臨みます。また初体験の患者さんが多く、慣れない状況や緊張で麻酔を使用するケースもあります。そこで看護師の役割としては、患者さんの体調などに気をつけ、緊張を緩和させるようなホスピタリティを提供する必要があります。検査前の丁寧な説明や質疑応答で、痛みや苦しみを感じさせないノウハウも大事でしょう。この様に患者さんへの気配りや良好なコミュニケーション作りも、内視鏡室で活動する看護師の役割になります。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<