内視鏡看護師トップページ > 内視鏡看護師の転職の方法

内視鏡看護師の転職の方法

看護師の求人は確かに多くの求人数があり、転職先について困ることはありません。しかし、病院によっては看護師不足で仕事がかなりハードとなり、かつ夜勤をこなす必要があることから、精神的にも体力的にも厳しい仕事です。そこで注目を浴びているのが内視鏡看護師という仕事。内視鏡室に勤務することで看護師の仕事の中でも日勤をベースに働くことができます。魅力的な内視鏡看護師の転職を見つけるのは通常求人では難しく、その方法を知っておかないと希望の勤務時間で働くことが難しくなります。また、求人が見つかったとしても内視鏡看護師として採用してもらえるかどうかはわかりません。今の病院では内視鏡室もしくは内視鏡看護師のニーズがないとすると、内視鏡看護師の転職の方法を把握し、職場を移動することになります。

内視鏡看護師の転職の方法として、内視鏡看護師の求人が見つかった後の採用されるためのテクニックについては、実務経験はもちろんのこと、内視鏡技師の資格を保有しておくことが望まれます。内視鏡技師は日本消化器内視鏡学会が認定している消化器内視鏡技師という資格が適切です。消化器内視鏡技師は、実務経験2年以外にも20時間以上の講義と技師研究会に2回以上出席していること、内視鏡機器関連の講習に出席していること、そして医師による推薦状が必要になります。内視鏡技師の資格がないと内視鏡看護師業務を実施できないというわけではありませんが、ただ実務経験があるというだけでは信頼性に欠けます。その点、学会が認定しているスキルを身につけているということの証明をするだけでも、転職の際の面接時に配慮されます。

内視鏡看護師の転職の方法では資格の保有だけでは一歩足りません。いくら学会で認定された資格を保有していたとしても、人柄や志望動機をしっかり説明できないと転職の際の面接試験をクリアすることができません。ただ夜勤を避けたいから、家庭の事情で夜勤ができないから、ではなく、内視鏡看護師としての志や業務に対する姿勢が採用時には重視されます。資格の保有をしていればよい、という職場環境ではないことを知っておいて下さい。

内視鏡看護師としての勤務状況などは、病院に自ら問い合わせても教えてくれるものではありません。そこで、活用したいのが看護師専門の求人サイトです。そのサイトのサービスの中にキャリアコンサルタントなどの求人担当者に希望している求人の病院の状況を確認することで、より希望にかなった内視鏡看護師の仕事を見つけることができます。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<