内視鏡看護師トップページ > 消化器内視鏡技師の資格

消化器内視鏡技師の資格

内視鏡室の仕事は様々な検査を中心として非常に重要な役割を担っています。レントゲンなどでは判断できないような病巣を内視鏡を使う事で発見できますので、様々な病気の早期発見に繋がり医療の進歩に大きく貢献しています。このような内視鏡室の仕事も最近注目が高くなっています。

内視鏡と言っても様々な種類があります。胃や食道や腸、耳、鼻、喉、腎臓や子宮などの体の内部を観察する事を目的として開発されています。気管支鏡、十二指腸内視鏡、小腸内視鏡、大腸内視鏡、など多くの種類があります。そのうち、上部株消化管内視鏡検査などを中心として消化器内視鏡診療を行う医師に対して補助業務を行う看護師の専門資格に「消化器内視鏡技師」と言う資格があります。

消化器内視鏡診療を行う医師に対する補助業務を行う消化器内視鏡検査技師ですが、その資格試験を受ける為にはまず消化器内視鏡検査介助経験が2年以上必要となります。受験時には勤務証明書、そして消化器内視鏡介助実績証明書および消化器内視鏡学会専門医の推薦状も必要となります。他には、内視鏡機器扱い講習会または危機取扱セミナーの出席証明書のコピー、そして技師研究会出席証明書のコピーなども必要となります。以上が受験する為に必要な資格や書類となります。

受験には看護師、薬剤師、臨床検査技師などの国家資格を持っている事が条件となり、上記でも述べたように消化器内視鏡介助実績があること、そして学会主催の講習会などで解剖学や生理学を学び、内視鏡に関する知識を学ぶ事が必要となります。認定試験はまず書類審査があり、学術審査を受けて、口頭審査を経て合否の発表となります。合格後も資格の更新が5年ごとに必要となります

このような消化器内視鏡検査技師の資格は内視鏡室で働く上でも非常に重要な資格となります。内視鏡業務における専門の資格ですから転職などを行う際にも有利に行える武器ともなります。このような資格の取得を目指す看護師はまずはその実績を積む必要があります。内視鏡室における介助実績が2年ないと認定試験を受ける事が出来ません。ですからまずは内視鏡室において勤務する事から始める必要があり、そのような求人を探す事が大切です。他の募集に比べ内視鏡室の求人数は決して多いとは言えませんので、このような求人を探すのには看護師専門の転職エージェントの利用がおすすめです。特殊な求人でも知識の豊富なコンサルタントが転職の相談に乗ってくれるため、一人で行う転職活動よりも有利な転職活動を行う事が出来るので非常におすすめです。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<