内視鏡看護師トップページ > 大阪の内視鏡看護師求人

大阪の内視鏡看護師求人

大阪の内視鏡看護師の求人状況は、一年中を通して万遍なく出されている状態です。看護士は女性の割合が高いため途中リタイヤをする方も多く、求人ニーズはいつも高めになっていると言えます。ですから大阪では急募の形で出される求人も少なくありません。正社員(正職員)の雇用条件については、大阪の平均的な給与が30万円前後(諸手当込)になっています。賞与回数は年に2回で、基本給の3〜5か月分といったところです。つまり年収ベースで400万円前後が見込まれます。手当については通勤手当や住宅手当、家族手当と言ったものが主になっています。また、パートなどの非正規雇用の求人では、急募で時給2000円を提示しているものがあります。大阪では1500円あたりが時給の相場ですから、この様に事情のある職場を捉える事で高収入のチャンスが出てきます。短期から長期まで多彩な条件の求人が出されているのも大阪の特徴です。

内視鏡看護師は一般的に残業手当や夜勤手当がほとんど無いケースが多く、二交代制シフトなどの勤務に付かなければ、平日の日中勤務が基本になります。これは大阪でも同様で、特に外来の多い専門病院でもない限りは残業の確率が低いと言えるでしょう。具体例を挙げますと、日勤の8時30分〜17時00分でオンコールなしの勤務。4週8休で日祝固定休、土曜は午前のみなどと言ったようになります。また年間休日が120日を超える職場も珍しくはありません。つまりプライベートの時間を大事にする方にはメリットの大きい職種だと言えます。

大阪の医療機関では福利厚生・教育制度も充実していて、将来専門技師として活躍を目指す看護師さんには魅力のある環境が整っています。目的に合わせた職場選びができるでしょう。また電子カルテを導入している職場が多く、看護師さんにとっては働きやすい職場環境でもあります。また基本的に第一種内視鏡技師資格を取得するためには、内視鏡専門医の下で2年以上の勤務経験が必要ですが、大阪には専門技師の常駐する病院が多いのでその点は心配がありません。しっかりと知識と技術を学べる職場を得る事はそれ程難しくありません。また大阪の病院へは、地方から移住してくる内視鏡看護師の方も多く、その点にも配慮を示している職場が少なくありません。その優遇策として、家具付きの部屋を2〜3万円といった低料金で用意している病院もありますので、地方からでも安心して求人に応募できるでしょう。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<