内視鏡看護師トップページ > 内視鏡室では看護師へのオンコールが多いか

内視鏡室では看護師へのオンコールが多いか

看護師の仕事は夜勤や残業、休日出勤など不規則な勤務体系となっており非常にハードな仕事であると言えます。知識や技術も高いレベルで求められ、各専門分野において患者にそのスキルを活かして看護を提供しています。

一般的には病棟勤務のイメージがある看護師の仕事ですが、外来や各専門科に分かれてそれぞれの分野で看護を提供しています。中には特殊な仕事として、手術師や内視鏡室などがありそれぞれにその分野の専門科として働く事になります。内視鏡室の仕事は最近看護師の中でも人気の仕事となっており、検査をメインとする業務内容がその人気の理由であるとも言えます。またこのような検査メインの仕事の場合日勤である事も多く、これももた内視鏡室の仕事の人気へと繋がっているようです。

看護師の仕事として、他の病院や専門科への転職を考える場合、気になるのがオンコールの多さです。これは病院やそれぞれの専門科によっても変わってくるため、事前に良く調べておく必要があります。オンコールは看護師などの医療の仕事ではある程度当たり前であると認識している人も多い半面、このオンコールの頻度などによっては続ける事が出来ずに辞めて行ってしまう人も少なくありません。オンコールがどの程度あるかは非常に重要な問題ですので良く把握しておくことが必要です。

内視鏡室はオンコールは基本的は少ないと言えるかもしれません。と言うのも多くの場合、検査メインとして行っている病院が多く、このような場合は急を要する場面が少ないからです。ただ、総合病院など比較的大きな病院で、内視鏡室で検査だけではなく治療なども積極的に行っている場合はオンコールなども多くなるかもしれません。ただその専門性からもあまり急を要する場面はありませんので一般的にも内視鏡室はオンコールが少ないというイメージがあります。

このように内視鏡室の仕事は基本的にオンコールが少なく、日勤で働けるなど看護師にとって魅力的な職場であるとも言えます。看護師が離職率が高いのは、夜勤、残業、休日出勤など非常にハードな勤務体系にある事が原因です。特に家族や子供がいる場合は余計にこのような勤務体系では続けていく事は難しくなります。ですから必然的にこのような条件の良い職場は人気が高くなりますが求人数は多くないので、転職を希望する場合はしっかりとした転職活動が必要となります。看護師専門の転職エージェントならこのような転職でもしっかりとバックアップしてくれるので便利です。内視鏡室のような数少ない求人でもしっかりと探し出してくれますので転職を考えている。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<