内視鏡看護師トップページ > 内視鏡看護師の年収相場

内視鏡看護師の年収相場

内視鏡室の看護師の年収に関しては専門職としてはやや低めで、その相場は350万円〜400万円といったところになっています。それは内視鏡室での看護業務が、基本的に内視鏡検査の準備・片付けと介助になっているからでしょう。他の看護師とは仕事量や責任度合いが違います。また職場は主に総合病院や大学病院内の勤務になっていて、就業時間は午前9時から午後5時の定時の勤務を取っている現場がほとんどで、残業自体が少ない傾向にあります。そういった理由で、内視鏡室の看護師の給料ベースはかなり抑えめになっています。基本的には外来看護師と同じく、25万円前後が相場だと言えるでしょう。

ただし、内視鏡室の給与体系は、実際に行った検査量に比例して支給されるケースが多く、ある意味では能力給の側面も持っています。特に消化器系を専門とする病院の内視鏡室の看護師は、内視鏡検査数が必然的に多いために基本給与を30万円ぐらいもらっています。つまり高収入を求めるのであれば、消化器系の医院や、回転数の高いガン専門の内科がある総合病院を選ぶと良いかもしれません。

また内視鏡室の看護師の年収額を左右する項目に、賞与と昇給の割合があります。先ほども述べた通り、内視鏡室では検査業務がスケジュール化されていて残業が滅多にありませんから、基本給のみの給料になるケースがほとんどです。ですから年収は賞与・昇給率に関わってくるのです。この点では、賞与の高い国立系や公立系の医療機関が有利かもしれません。それから、看護師の平均手当額としては月額10万円前後だというデータもあります。この様に手当が低く給料が少ない事で、多くの内視鏡室担当看護師が不満を感じているのは確かかも知れません。ですが、残業や夜勤・休日出勤の少ない職場は、今どき少ないのではないでしょうか?また急患もない穏やかな職場環境を考えるなら、その職場は金銭には変えられない価値があるとも言えます。

そこで内視鏡看護師からスキルアップをして、内視鏡技師の資格を取る方も少なくありません。内視鏡技師の資格は多くの医療機関で資格手当が支給されるため、年収ベースは数段アップします。内視鏡室担当の看護師であれば、学習やスキルアップの時間は十分に確保できるメリットがあります。ましてや毎日実践経験を積む事の出来るポジションにいるのですから、成功の確率はかなり高いと言えるでしょう。その様にして収入アップを目指す事も可能です。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<