内視鏡看護師トップページ > 内視鏡室で働くメリット

内視鏡室で働くメリット

胃カメラや大腸カメラ、内視鏡などを扱う検査は増えこのような内視鏡検査は多くの病院で行われています。そしてこのような内視鏡室において働く看護師も増えており、看護師の人気の職場として少しづつ注目を集めるようになってきています。

内視鏡室で働く看護師の主な仕事は内視鏡検査の介助になります。ほとんどの場合内視鏡室の業務は内視鏡を使った検査となります。その検査を行う医師の介助を行うのが内視鏡室の看護師の仕事です。とは言え内視鏡にも多くの種類があり、専門の機器類も多い為幅広い知識も必要になります。また、それらの検査に付随して患者への検査の説明、検査前検査後の注意事項の伝達等も重要な仕事です。

内視鏡室で働く看護師の仕事ですが最近人気を集めているのは、内視鏡室の仕事は検査中心となりますから基本日勤の仕事になるからです。特に専門クリニックにおいては完全日勤となるところがほとんどです。総合病院ですと病棟との掛け持ち等になる事もあるので必ずしもそうとは言えません。看護師の仕事は人気の高い仕事である一方で、職務のハードさから離職率も高い仕事となっています。このような看護師の仕事の中で日勤メインで働ける仕事はやはり人気が高い傾向になります。日勤で働けるのは看護師にとって大きなメリットと言えます。

もう1つ内視鏡室のメリットをあげるとすると、緊急性の少ない部署であると言う事です。救急や手術室などがそうですが、このような現場では一刻を争う緊張状態での仕事となります。適切な判断や処置が求められ、少しのミスが命とりとなります。ミスが許されない現場であるとも言えます。ですからこのような現場では看護師として夜勤など肉体的にもハードなだけでなく、精神的にも非常にハードな職場であるとも言えます。ですが内視鏡室においてはこのような一刻を争うような状況はほとんどありません。看護師として精神的プレッシャーをあまり感じずに行える仕事であるとも言え、これもまた、内視鏡室で働くがこそのメリットであるとも言えます。

このようなメリットからも求人の数に対して応募する人が多く人気の職場であると言えるのが、内視鏡室の仕事です。一般的には特殊な求人となりますので、普通に探しているようでは中々見つける事は難しく、看護師専門の転職エージェントへの登録が1番の近道だと言えます。このような特殊な求人でも見つけやすく、専門のコンサルタントもバックアップしてくれますので内視鏡室への転職を考えている看護師の方は是非登録して利用して見る事をおすすめします。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<