内視鏡看護師トップページ > 内視鏡介助について

内視鏡介助について

胃カメラや大腸カメラなど最近では内視鏡を使った検査が一般的になり、広く知られるようになりました。レントゲンなどでは発見しにくい病気などを内視鏡ではモニターを通して発見できるメリットがあり、多くの人が内視鏡検査を受けています。このような内視鏡検査を行う内視鏡室で働く仕事は最近注目が高まってきています。

内視鏡室で働く看護師の仕事は、まずその病院における業務内容によって変わってきます。病院によっては内視鏡室では検査だけを行い、手術などの治療は別で行うところもあれば、治療までを行うところもあります。このように病院によってその仕事内容は変わってきますが、多くの場合内視鏡室は検査を行う事がメインとなりますのでそれに付随した仕事を行う事が主な仕事となります。

内視鏡室で働く看護師の主な仕事は検査に付随する行となりますが、検査を行うにあたって医師の介助を行う事です。内視鏡検査を行う上で検査がスムーズに進める為医師のフォローを行います。機械類の受け渡しなど、専門的知識は必要となりますが、その業務内容は基本的にルーティンワークとなりますので覚えるまでは大変かも知れませんが、見つけてしまってからはさほど大変な仕事でないと言えるかもしれません。

このような内視鏡室の仕事はルーティンワークである事に加え、他の部署に比べ急をようする状況が少ない為看護師としてのプレッシャーも少ない事もその人気に繋がっています。看護師の仕事は医療の現場である事から時間の戦いやミスの許されない仕事でもあります。特に救急や手術室など最前線の現場では大きな精神的プレッシャーも感じることとなります。やりがいを感じる事もありますが、精神的負担も大きい為内視鏡室などプレッシャーの少ない部署への転職を希望する看護師も少なくありません。

このような理由からも内視鏡室の仕事は人気が高い傾向にあります。ですがその求人自体は多くないと言え、内視鏡室の無い病院などでは募集が行われませんから競争率の高い求人であるとも言えます。このような求人を探し、内視鏡室への転職を希望する看護師は看護師専門の転職エージェントを利用する事をおすすめします。このように特殊な求人は自分一人みつけうまく転職する事は難しいので、転職エージェントのコンサルタントなどに相談しながら行うのが最も効率的です。内視鏡室の転職を希望している事を伝えることで、エージェント側でそのような求人を探して紹介してくれたりもします。看護師の転職において非常に心強くおすすめです。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<