内視鏡看護師トップページ > 内視鏡看護師で活きる資格

内視鏡看護師で活きる資格

他の看護師とは違うスキルをもって自分が病院でできることを明確にしたい、そういう看護師が多くなっていく中、クローズアップされているのが内視鏡看護師です。病院の内視鏡室に勤務し、主に胃カメラや大腸カメラを用いて検査を行う内視鏡のエキスパートです。以前は大病院の内視鏡室くらいしかニーズがありませんでしたが、最近の健康診断志向もあって、個人病院でも積極的に内視鏡ができる環境を整えており、通常の看護師の仕事とは違った、個人をアピールすることができる仕事内容です。内視鏡の看護介助を行うに当たっては特別な資格が必要なわけではありません。しかし、ある資格を保有していると転職や配置転換の際に優位に働きます。

内視鏡看護師で活きる資格は消化器内視鏡技師です。日本消化器内視鏡学会が認定する資格であり内視鏡看護師で活きる資格としては唯一の認定資格ですが、この資格がないと内視鏡看護業務に携われないというわけではありません。どちらかというと、今の内視鏡に関する知識を認定資格という形に表すためのものであり、経験を証明する物の一つとお考えください。

例えば内視鏡室の勤務の希望をもって転職する際、履歴書に消化器内視鏡技師として記入することができ、過去の職務履歴書などを説明する上で説得力のある実績を客観的に証明できます。一から内視鏡介助の技術を教える必要もなく、いわゆる即戦力として起用される可能性が高いのです。ただし、内視鏡看護師だからといって、他の看護師と比較して給料が高くなるというわけではありません。看護業務の一環ですが、その中で内視鏡技術が高いことから優先して業務が割り当てられるといった具合です。

この資格を取得できる条件として、内視鏡介助を2年以上経験している看護師、臨床検査技師などの国家資格を有している必要があります。准看護師でも取得することができますが、その際に基礎的医学試験を追加で受ける必要があります。それ以外に20時間以上の講義と技師研究会に2回以上出席しているか、内視鏡機器関連の講習に出席しているか、そして医師による推薦状が必要になります。試験内容は学術試験、口頭試問となります。

消化器内視鏡技師の資格があるということは、今まで2年以上の内視鏡室勤務であることを証明することができ、かつ業務を行うに当たって必要な知識や技術があることを示すものです。転職や転職後の配置替えでは自分の主張が通りやすいですし、いわゆる内視鏡看護師のプロフェッショナルとしての証明です。活用方法によっては自分の仕事上の立場を優位にすることができます。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<