内視鏡看護師トップページ > 内視鏡室での業務

内視鏡室での業務

看護師の仕事は一口に病院勤務と言っても多くの専門科に分かれています。一般的に知られているのは外来や病棟勤務ですが、大学病院などの大きな総合病院ともなると多くの科に分かれて専門の分野を扱います。そんな看護師の専門分野の一つに、内視鏡室の仕事があります。

最近では広く知られるようになって来ていますが、内視鏡とは管の先端にカメラが付いた医療機器で、わずかな穴から挿入する事で直接観察しにくい部分もモニターを通して確認する事ができます。最も知られている内視鏡は胃カメラです。他にも様々な種類があり、喉頭内視鏡、気管支鏡、十二指腸内視鏡など様々な専門の内視鏡があります。これらの内視鏡を扱う専門が内視鏡室となります。

内視鏡室での主な業務は上部・下部内視鏡検査となります。内視鏡は上部、下部とに分けられ、上部は胃カメラなどを指し下部は大腸カメラなどを指します。基本的にはこのような検査に付随する業務を行うのが内視鏡室における看護師の仕事になります。

内視鏡検査を受ける上での注意事項の説明、基本的には検査当日の飲食は禁止となりますからそのような説明をしっかりと行う事も大切な仕事ですまた検査後は麻酔が効いており特に胃カメラの検査後等は一定時間飲食が出来ない等の説明を行う事も大切です。また、これらの内視鏡検査は患者にっても基本的には馴染みが無い物ですから多くの場合、緊張状態にあります。このような患者の緊張をリラックスするよう説明を行う事も重要です。基本的にはこのような検査を中心としてそれに付随する業務を行う事になりますが、場合によっては内視鏡を用いた治療を行う事もあります。ですからそのような専門的知識を持つ事も非常に重要となります。またこれらの治療や検査に用いる機器に関しては洗浄などを行う必要があり、それに伴い機器類の扱い方や知識等を知っておく必要もあります。

このような内視鏡室の仕事ですが、看護師の仕事の中では特殊な仕事と言えるかもしれません。基本的には治療と言うよりは検査が中心の業務となりますが、扱う機器の多さや、内視鏡の種類の多さなど、検査中心とは言え知っておかなければならない知識は非常に多いと言えます。このような内視鏡室の求人はあまり多いとは言えません。体に負担を掛けずに検査の出来る内視鏡に対するニーズは、今後ますます高まる事は間違いありません。現状あまり多い求人ではなくても定期的に募集されている求人であるとも言えます。このような求人を探すのは看護師専門の転職エージェントがおすすめです。専門的な求人も多くあり、エージェントから紹介してくれますので特殊な求人とは言え見つけやすいと言えます。

内視鏡室の看護師求人多数!人気転職サイトTOP5を決定

ナースフル



>>内視鏡看護師として転職したい!最新求人サイトランキングの続きを見る<<